成功への第一歩!上手な外資系の選び方

英語に自信がなくても大丈夫

転職しようと思い立ったら、せっかくなので色々な会社をみてみたいと考えるのではないでしょうか。もし、英語が好き、または少し得意であれば外資系の会社も選択肢に入るでしょう。しかし、実務経験がないので自分にはちょっと敷居が高そう、とチャレンジする前に諦めてしまうのはもったいないことです。
英語がかなり得意な方であればそれほど語学の壁は気にならないですが、英語が好きだけれど、それほど得意でなくても外資系の会社に転職できることも多いのです。なぜなら外資系の会社でも、英語力をそれほど必要としない職種が沢山あります。最初にこのような職種に応募して、経験を積んでいくことが上手な外資系の会社選びの方法といえるでしょう。

面接では会社との相性をチェックすることを忘れずに

外資系の会社に転職するときには、英語などの語学力があれば面接では有利に働くこともありますが、それだけでは転職が決まったとしても成功したとはいえないこともあります。なぜなら、会社の企業文化はそれぞれ違うため、自分の性格や働き方のスタイルに合っていないと、転職できたとしても後々大変に感じてしまうこともあるからです。
上手に外資系の会社を選ぶときには、面接に重点をおくことがとても大切といえます。一日のうちのかなり長い時間を過ごす職場になりますので、自分がこの会社で活躍できるのだろうか、期待に応えることができるのだろうか、としっかり自己分析をして面接で気になるところはしっかりと質問しておくことがミスマッチを防ぐポイントです。