外資系に興味を持ったら…まずはキャリア診断から!

何をしてきたか何ができるか

英語に自信がある人ならば、転職を考える際に外資系の会社を視野に入れるということは当然のことかもしれません。しかし、ただ単に英語ができるからという自負だけで面接に臨むと手痛いしっぺ返しをくらってしまう可能性があります。日系、外資系に関わらず仕事というのは言語の習得だけで成り立つものではないからです。言語はコミュニケーションのひとつのツールに過ぎず、それを利用してどう円滑に業務を進めることができるかということが重要なポイントです。
ですから、外資系の会社をターゲットにしている人は、面接を受ける前に今一度自分の今までのキャリアを振り返ってみると良いでしょう。自分は何をしてきたのか、自分はこれから何ができるのかを客観的に診断することはとても重要なことです。そうすれば今後自分が入社した際には、どのように貢献できるかが見えてくるはずです。

面接で気をつけるポイントとは

英語面接の際にも気をつけなければならない点がいくつかあります。まず、自己紹介の際には、おどおどせずに落ち着いてフレンドリーに話しましょう。日系企業よりも直球で物事を聞かれることがあり、威圧的に感じるかもしれませんが、聞かれたことには正直に答えることです。この「正直」にというのがなかなかできそうでできないものなのですが、自信なさげにお茶を濁すぐらいならば、はっきりとNOと言える方が良い印象を持ってもらえます。外資系企業は、日本の企業よりも能力主義なですし、自由に発言する機会も得られるでしょう。
更なるキャリアアップをはかるためには、自分の意見をハッキリ論理的に述べ、相手に理解してもらうということが重要なのではないでしょうか。

外資系の求人とは、資本が海外にある企業の求人のことで、一般的に給与が年俸制となっており、成果に見合った報酬を貰える特徴があります。